生意気にマイナス補正一考。

川崎 第11S 12月5週

今夜はショットスピリタスがOPに挑戦すよ(・∀・)ヘヘ

ええ、迷った挙句。。

ショットオープン

朝の時点で18頭立て4番人気。

メンバーは揃っちゃいましたからね、

おそらく人気そっちのけの大敗を喫するものかと。。。(;´Д`)ノ

とかいいながらちょっぴり掲示板期待♪


てことで昨日、休日ということもあり、じっくりと計測なんぞを。

ちなみに菊花の芝2000Mに出走。

ショット計測

平均タイムは1:57.3。指数102ということで。

う~んもうちょと期待してたんすけどね。。。



苦手の確認がきちっとできてなかったので4場で測ってみたんすよ。

まぁその結果を見てみると周回に関しては左右差(皐月と優駿)なし。

しかし小回り(菊花)のタイムがバラつくんすよね、苦手とは言い切れない程度に。

「ちょっと苦手」なんてあるんすか、まさか。

指数105、稀にそんなこともあるんすけどね。なんせバラつきが。。

ま、とりあえず小回りは苦手じゃないということにしときます、はい。


その点、坂(中山)については明らかに苦手という結果が出ちゃいました(;´Д`)ノアーア


うーん、非常に残念。。。


で、このショットスピリタス、ゲート調教はすでに完璧コメもらってるんですが、

あえて、実験的にメンコつけて走らせてみたんすよ。

上の結果、もう1度みてみてください。。。


中山での計測結果、なんか違和感ないすか??


他の競馬場と違い中山だけ速くなってる。


本来プラス補正を期待して使用するメンコを今回のようにゲート能力がS、SSまで

埋まったような状況で使用すると逆にマイナス補正をくらうじゃないすか。

でも、今回の中山の計測結果ではそのマイナス補正を受けていない。

てか、むしろプラス補正を受けてる。。(`・ω・´)ナンデカナ?


そこで駄馬主、


   馬場適性のマイナス補正 < 馬具のマイナス補正


こんな風に優先順位が付くんじゃないのかなと思ってしまったわけでして。


勝手にそんなこと考えてしまったわけですよ、ずいぶんと生意気ですよね。|д゚)


でもだって、馬場適性苦手のない3競馬場ではきちんとメンコによるマイナス補正を受けてるのに、坂苦手のマイナス補正を受ける中山だけタイムが速くなってるんすよ??なぜゆえ??
ホントなら坂苦手のマイナス補正を受けた10回の計測タイムに、メンコのマイナス補正が上乗せされて他と同じようにタイムが遅くなるはずじゃないすか。何回もいいますけど、中山のタイムは速くなってるんすよ。多少のバラつきはあるでしょうが、各競馬場3回ずつの計測では他と同等のタイムで走ってる。。。

この結果から導きだした仮説がこちら。(・∀・)ナンカ、カッコイイ


「馬場適性苦手がある馬に、馬具装着によるマイナス補正をかけると、馬具マイナス補正のみ
が有効になり、馬場マイナス補正を受けた場合よりタイムが改善されるケースがある。」



やっぱなんか、生意気すね。。m(_ _)mスミマセン



って!


ここまで書いておいてふとわれに返る。


「そんなことも知らなかったのかい?」


なんて言われちゃいます?もしかして。




ショット計測2

あ~あ、今夜のレース、皐月でやってくれないかな。。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。