株価の乱高下が続く背景。

(注)タイトルと本文には何の関係もありません。

川崎 第25S 12月5週

競伝、してますか?(ミスター風)


(ヾノ・∀・`)イヤ、アンマリス



ここで、今をときめくハナレ厩舎のプレイスタイルを改めて整理してみようと思ふ☆

整理というほど大げさなもんじゃないぞおい。

要はこれまで軸としてきたスタイルは次の2つ。

① ギチギチ系

② ガバガバ系

ギチとガバは、ぐりとぐらとは一切関係ありません。また、この言葉の響きから、何かいやらしいものを想像してしまう殿方は、正常な脳の働きが損なわれている恐れがありますので、美術もしくは音楽のセンセイに憧れ、妄想を抱いたあの頃を思い出しながら、速やかにこのブログからご退出ください。




さて、



ギチギチ系の現況。


ひっそりと誇大妄想自画自賛馬づくりが進行中。まるで後継者のいない伝統工芸のような危うさを醸し出しているこのプラン、いつ頓挫しても不思議ではありませぬ。格好よく言えば、はるか先を見据えた壮大なる計画ということす。

んでですね、

ハナレ厩舎、GⅠ勝ちの実績はあるものの、実はギチギチ系による重賞以上の勝利はいまだなし。なわけで、ギチギチ系で次に目指すは「重賞勝利」、誇大妄想自画自賛馬づくりもまさにそのためのものなのである。m9っ`Д´) キミダヨッ!!


ではガバガバ系はどうか?


こちらは世界をあっと驚かせたオランジーナでのGⅠ勝利をピークに、正直、それ以降はプランもなく適当にEX種付けてみては駄馬が産まれ、はたまた会種を付けてみてはシャバダバが産まれ、そんなことを繰り返すだけの悶々とした日々。こちらの路線ではモチベーションゲージが完全に0。


「テコいれが必要じゃん。」(牧)


そなのよ。


そこで目を付けたのが馬主会公開種、略して会種。

シンジケート券が約10枚貯まってるのでドカッと使ってみようと思ふ。久しぶりに早熟路線に参戦してみようかしらん。がしかし、ジプシーノクターン(大井:eikura厩舎)やシュタールエミール(川崎:のーらいふきんぐ厩舎)、そして違いが分かる男は知っているチョッカイダスゾー(川崎:アインザッツ厩舎)のような晩成短距離馬への憧れも捨てがたい。


( ゚д゚)!


そうだよ、自分に素直になればいいんだよ。きっとそれが精神衛生上最も正しいのだ。


シュタール


サヨオナラ


無課金馬主さんの会種をつけよう。



スポンサーサイト

コメント

のほほん #-

前回は取り乱し気味のコメで失礼いたしました m(。_。;))m ペコペコ…

おお!会種を使っての生産いいじゃないですか d(>_< )Good!!
プレイの幅が広がるのはモチベの維持にはいいことだと思いますよ。

あと、19日のメンテで生産ロジックが修正されるようなので、
いい流れになって欲しいものですね。

2013年06月18日(火) 02時05分 | URL | 編集

(´゚∀゚`)ハナレダヨ #-

Re: タイトルなし

のほほんさん・・・、

私・・・・、その繁殖ロジック変更ってやつ、

まったく知らずに・・・、、

主要な種付け終わらせちゃってますからぁぁぁぅぅへぇっっぶ!!!!

(lll゚Д゚)バカバカバカ、ボクノバカァ!!

あーあ、イランの大統領選挙に気をとられすぎた結果がこれだもんね。(ウソ)

2013年06月18日(火) 15時24分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。