誇大妄想自画自賛馬をつくる vol.4

川崎 第24S 4月4週

ども!すっかり春、刺す虫とかも活気付く季節ですね!

さて、こちら。
血統表構築

前回はどどーんとダイレクトボレー産駒一覧をごらんいただきましたっけ。



ダイレクトボレー
※使いまわし画像につき馬齢は気にしないこと。



ここから遺伝パラSSの後継種の誕生を望んでたんすけどね・・・、





結果は最悪、まるで温水さんの頭。








ぬっくん


男子の定め、それはゲーハー。







さてさて、




ジャンピングボレー

その中で、まだ辛うじてゲーハーをまぬがれたのがこちらのジャンピングボレー、成長型が晩成へと変化。遺伝Sをなんとかキープ。うん、もうこれで妥協するしかないのであります。
距離適性が中になったのは気にしない。とにかくダイレクトボレー産駒の面々、総じて距離幅がバカみたいに広い。親父の特徴をあますとこなく受け継ぎやがりーの。ちなみにこのジャンピングボレーは1100-2700。うーん、距離幅ってなかなか矯正できないのね・・・。


てことで。


自画自賛血統表②

春ですしね、上着を脱ぐような気持ちで若干プラン変更いたします。

配合①での遺伝SS種生産は早々にあきらめ、配合③に希望を託す。1代進めることでクロスのかかりそうな血が表から消えていくというメリットもありますしね。

うむ、今シーズンは主に配合③に取り組むぞおい!(`・ω・´)
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。