自家系種牡馬の件。

川崎 第21S 12月3週

さて、NASAがUFOの存在をひた隠しにするように、

これまで競伝界のトップシークレットとして扱われてきた、

ウチの自家系種牡馬のご紹介。


こんな風に、

みなさんにご紹介するという形をとりながら、自分の中でもこれまでの厩舎運営の経緯を振り返り、きちんと整理しちゃえるという素晴らしい企画。うん、我ながら天才的だの。( ̄ー ̄)☆

ではさっそくいきますよ。

まずこちら。

種リクス
ほらね、キャチムーの血が。

前回記事でキャチムー系牝馬を大特集しましたが、その時まったく触れなかったのが、このヘンドリクスの母サウスドライヴ。素直厩舎(うちの別垢)とのコラボで産まれた馬で、能力的には他の主要キャチムー系牝馬とまったく遜色ありません。(´゚∀゚`)イヒ


つづいてこちら。

種リキュール
ほらね、キャチムーの血が。

一見ギチ配合のようなんすが、父父のタニノギムレットは強化版金枠種。父ショットスピリタスは現役時代、出遅れの鬼として一世を風靡。第12S(ずいぶんと前の話だぞおい!)のGCSSでは人気薄でのチクビ差2着と大健闘。おおいに楽しませてくれました。いやーなつかしいなぁ(〃ω〃)ムフ




さらにこちら。

種ルーレ
ほらね、キャチムーの血が。

素直垢とのコラボ馬。さすがにガバ配合、SSだらけのウハウハ種。父コールドターキーのパラを余すところなく受け継いだ感じなんすよね。でもなんだろ、おみくじ生産だったこともあり出走どころか入厩もせずに種牡馬入り。前出のリキュールのように浸れる思い出というものがない。いじけるな、フルーレ。(TдT)



で、挙句の果てがこちら。

種ボレー
ね、キャチムーの血。

4頭中4頭、しっかりキャチムーの血に染まってますから。


(´・ω・`)・・・


(´・ω・`)・・・ンー



厩舎運営にビジョンがなかったのかなボク・・・。


先日の記事ではウチの繁殖牝馬陣、

その血統表内からのキャチムーを消し去る必要性を国民の皆様に熱く訴えたわけですが、

要は種牡馬陣も同じ課題を抱えてるんすよ。(´Д`)フゥ



ご紹介した種牡馬の中では唯一のギチ配合種となるセクレタリアト産駒のダイレクトボレー。こちらはあと一代進めばキャチムーが消えちゃいますからね。今シーズンの産駒が種牡馬入りできるパラの持ち主かどうか、今からシュビドゥバと不安で胸がいっぱい、夜も眠れません。


「だからけっこうイビキすごいってば。」(嫁)


|゚)彡 ササッ


では、マイルチャンピオンシップロトお忘れなく!

マイルロト





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。