感動だぜぇ。

川崎 第17S 8月1週

競伝カレンダーでの6月末、そう、つい先日のお話なんすけどね。

2歳限定フリレに参加させていただいてたんすよ。

この時期ちょこちょこ立ちますよね、2歳限定フリレ。ワタクシも嫌いじゃありません。超早熟路線に参戦となると、他厩舎にどんな猛者がいてるのか気になりますもんね。まぁでも、こちらの思惑通りにはいかないもんでして、重賞級のつわものにはなかなかお目にかかれなかったりするわけで。


「そりゃ手の内は見せてくれませんて。」(牧)


いや、器がドでかい馬主さんは見せてくれるんすよ、そのポテンシャルを。

ま、ワタクシのようなお猪口駄馬主は手の内見せずに虎視眈々、

こっそりと、そしてシュパッと重賞獲りにいくわけなんすけどね。(・∀・)ウハ

え?生意気すか??世間知らずすか??


で、


ワタクシみちゃったんすよ。その先日のフリレで。

「あ、この馬、2歳重賞とるんだろうな。」

っていうすんごいのを。


いや~なんだか感動しちゃいましてね。(/ω・\)ナ、ナンデ??

意味なんてないんすよ。現場の雰囲気すよ、雰囲気。(・∀・)???

てか、この時期に指数100を軽く超えてくるって一体。。

その馬の父はユーザー種なので、アビ持ちで産まれてきたわけじゃないんすよね。

となると相当デカい現パラで産まれたんでしょうね、きっと。

いやーうらやましいかぎりで。


そしてそして、

感動体験ってのは続くもんなんすね。

昨日のマリーゴールド賞。

うちの馬も出走してたんすけどね、レースで見つけたのは、

金枠バックパサー×ノーマルラフィアンという馬。

詳しく紹介するのは野暮ってもんすね。

とにかくそのシンプルな血統構成を感じさせない素晴らしいパフォーマンス。


ギチ路線での重賞制覇を夢みるワタクシ、


うん、そりゃ感動したとも!


「この仔、こっそりおっかけちゃうぜぇ、ワイルドだろぉ~」(スギちゃん)


o(゚Д゚ = ゚Д゚)o ??


このところの感動体験により、なんだかモチベがアップした感じがするぜぇ♪









スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。