15S末現在、うちの繁殖牝馬。

川崎 第15S 12月2週

あーっ!!!

という間に今シーズンも残すところあとわずか。

そう、早急に来シーズンの種付け計画を煮詰めなくちゃねっ!

てことで、あらためて現在の繁殖陣を眺めてみることに。(/ω・\)ドレドレ

システム組

表左側の数字は初代牝馬から何世代進んだかを示したもの。馬名が薄字のものはすでに種付け不可。
こうしてみてみると、システム牝馬を初代とする牝系は現在5つ。左側の黄緑、緑の色分けは見やすくするための便宜上のもの。

さて、一番上(黄緑枠)のラフィアン系はハナレ厩舎開設当初からつづく牝系。ええ、初代がはじめて買った高額牝馬ラフィアンてことでセンチメンタル感およびメモリアル感がハンパない。 
現在、5代目にあたる2歳のカリフォルニアまで繋がってますが、その母ファンカデリックはすでに繁殖引退しちゃってます。この思い入れの深い牝系の血はずーっと繋いでいくつもりなので、カリフォルニアには無事に繁殖にあがってもらわないとまいっちんぐマチコ先生なわけなんすよね。2代目のエンジェルパサーなんて、このブログの初期に登場する馬すからね…。いやー時の流れを感じちゃいますなー。( ´ー`)デュフ

んでんで、もうひとつの由緒ある牝系が下から2つ目(緑枠)のクリフジ系。こちらも5代目にあたる2頭(2,3歳)がただいま現役。果たしてパラのほうはどでしょね??アップフェル、ベーハーともに持続は「かなりコメ」なだけに期待してるんすけどねー。(・∀・)ウィ

そしてシステム牝馬スタート組で現在別格のパラなのが一番下(黄緑枠)、ルナソルを含むもうひとつのクリフジ系。いや、こちらはもうキャッチザムーン系と呼んじゃいます。2歳馬ルナラックは重賞クエ馬。過剰な期待は禁物なんすけど、やっぱちょとは期待しちゃいますって。


( ´Д`)=3 ハーツカレタ


「ハナレさん、今日の記事、けっこう気合はいちゃってません??」(牧)


よし、先を急ぐぞ。(`・ω・´)ビシュ

EX組

はい、EX組がこんな感じで4つ。歴史はこれからつくられる。

てか、やっぱシス牝組とは雲と泥ほどの差が。。。m(_ _)mサスガッス



で、上記2つの表から現在の繁殖陣のみを抽出した表がこちら。☆彡
15S繁殖

この9頭に、シーズン明け繁殖に上がる数頭を加えた顔ぶれで生産に臨むことに。

以上、うちの繁殖のことをダラダラと。おしまいっ!



あ、そだ。私が使用させていただいてる繁殖牝馬指数計算式。

E式(えーくら式)、医龍式の計算法、よろしければご参考までに。m(_ _)mドゾ
指数計算式2

SS=7、S=6、…E=1という風に考えて、式にあてはめましょう。

おっと、ついつい生意気に初心者さん向け発言しちゃいました。

ではではー♪



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。