牝系構築を楽しむ。

川崎 第14S 12月2週

うん、やはりOP突破を果たした現在、

なんだか以前より・・・なんて言うんでしょ。

こう・・・・ほら、

心にゆとりが生まれたって言うんすか?

ガツガツしなくなったって言うんすか?

ええ、モチベが上がったとか下がったとかは置いといて。



で、現在の目標をちょと考えてみたんすよね。


OP突破を果たしたからといって、次に狙うのが重賞制覇なんていうのはあまりにも無謀だなと。まったく手が届く気しないすからね。いや、目標には掲げるべきなんでしょうけど、あまりにもそこに重点を置きすぎるとモチベの維持が難しくなる気がして。だって結果の出ない時期が長引くことは容易に想像つきますから。

とゆことで自己満足路線、牝系構築を楽しんじゃいます。

ええ、パクリじゃない(つもり)、独自の構築を楽しんじゃいます。


で、ホーリックス。

ええ、南半球、ニュージーランド産すよ。

ホーリックス

オグリとの激闘、懐かしく思い出される方もいらっしゃるかと。(゚∀゚)JC!

このド根性雑草血統になんだかひかれちゃいまして。

ええ、ラフィアンでもダリアでもなく、

ホッホッホー ホッホッホー ♪

ホッホッホー ホッホッホー ♪

のホーリックスなんすよ。


m9っ`Д´) コリャソコッ!!

わけわかんねぇなんていわないように。

ここから血統構築を楽しんでみようかなと思いましてね。


「ププッ、どうせ長続きしないと思いますけどね。」(牧)


( ̄ー ̄)☆

ああ、勝手にそうやって馬鹿にしとくがいいさ。

この計画は自分的にかなりワクワクしてるんすよね。

元々、インブリードをバンバン使った配合でパラのピンポイント改善を図るのがうちのやり方だったんすけど、この計画ではその方針を180度転換。はじめからON(アウトニックス)代重ねを目指しちゃいます。
ホーリックスはフェアウェイ系ということでニックス相手はそれなりにいてるわけですが、システム種でのON代重ねを目指そうとすると、やはりそう甘い話じゃないわけでして・・・。でもでも、実はここんとこ考えるのが楽しいんすよね。いかにニッチなところを攻めていくか、いかにして限られた選択肢の中から一筋の光を見出すか。

一応、使用する種牡馬は遺伝A以上てことで。種牡馬自身の能力はこの際ゴチャゴチャいいません。ある程度は広い心で受け止めてあげましょかね。(´∀`)オオラカニ


「いやぁ、ホンマ心広いお方どすなぁ。ハナレはんてぇ。」(舞妓)


(*´ω`*)デヘヘ

この壮大な計画では4代先でかなりの能力の牝馬が誕生しちゃいます。で、そこに自家種をつけちゃうわけです。そしてその時つける自家種には心の恋人ルナソルの血も入ってるという計算なのよ。( ̄ー ̄)フフフノフ


「うわぁ・・・妄想がディープだ・・・」(牧)


空

ヽ(´ー`)ノスーハー

妄想ってこんなに素敵なもんだったんすね♪

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。