庶民のぼやき。

川崎 第22S 3月2週

大盛況すか、リサイクル機能。

フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン


てか、


過疎化に端を発する馬券収入の激減により、馬主間の貧富の差が拡大。

今や庶民の怒りは、中国国内のそれに匹敵するものとなっています。

このまま策を講じることなく放置しておくと、さらなる過疎化を招き、

まさにデフレスパイラルそのものとなってしまうことでしょう。


そこで!


(゚д゚)!


考えちゃいましたよ、メチャクチャ簡単なデフレ対策。

いうならば、ハナレ党のマニフェスト。

あれ??マニフェストってなんでしたっけ??

あ、大法螺のことでしたね。


さてさて、デフレ対策。

要は貧乏で食うや食わずの庶民の収入を増やすことが大事。

そして世の中にお金の流れを作り出すんすよ。( ̄ー ̄)☆

リサイクル(シルバーコース)って1億でしょ。

楽しそうなんだけどお金なかったらチャレンジできないじゃないのよ。

シルバーコースは庶民の味方なんでしょ!じゃないんすか?

ワタクシ、子ども手当てみたいに、

お金を配ってくれなんてそんなパープリンなことは言わない。

ひらめいたんすよ、ピーンと。

ピ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ン!!


鯖が活性化し、労力を惜しまない馬主は収入が増え、

そしてリサイクルや地方カー伝、市場馬取引までも盛り上がるという一石数鳥政策。


賞金

こんなとこリアリティ追求するのやめちゃおうよ!

ここは思い切って10倍くらいに、いや20倍でもいいくらい。

5着までなんてケチなこと言わずに全馬に出走手当て出せばいい。

過疎化で5頭立てばっかの閑散とした競馬場みてくださいよ。

シス馬しか走ってない。

賞金アップする、ただそれだけでどれだけ貧しい庶民が群がるか、想像に難くない。


で、きっと騎手育成のためだけに買われていた市場の駄馬たちにも光があたる。

ブクブクだろうがガリガリだろうが騎手育成のためだけに走らされてた馬も、「お金になる1勝」を目指し、競走馬として調教されるようになるかもしれない。ま、賞金50倍くらいにしなきゃそうはなんないかもしれませんけど(´゚∀゚`)


兎に角、


そうなれば競馬場には活気が戻り、貧乏庶民の馬券収入のアップも期待できる。

どすか、こんなマイナーチェンジで過疎鯖に再びみんなの笑い声が戻ってくる。


空


え?


オマエが資金難なだけだろ、ですって??



m9っ`Д´)



それをいっちゃぁおしまいよ。
スポンサーサイト

新繁殖ロジック一考。

川崎 第22S 2月2週

無課金馬主のみなさん、ご存知すか?

あのぐる氏が自身の生産結果を公表してくれてます。

そう、S3馬生産のヒントとなる情報を惜しみなく公表してくれてます。

ワタクシは素直にありがとうと言える人間になりたい。

この際言わせてください、お父さん&お母さん、

今日まで無難に育ててくれてありがとう。


で、その生産について一考。

ここではぐるちゃんの生産結果を参考に脳みそをフル回転させてみます。

まず新繁殖ロジックのポイントをかいつまんで整理。

S3馬生産に有効な手段としてはコチラ、

影響度

ま、シンプルな表でよろしいんすけど、これ、効果的には重複ありなんすかね?

活性系統にあたる活性馬でインブリ、しかもパラ相性もドンピシャ。

そんな配合ならゴロゴロS3が出てくるってことすかね?

仮にそうだとしたら、活性なんてものを知る努力をしない私のようなものにとっては基本的にパラとインブリでS3を狙うというスタイルになるわけすよね。

表のとおりだと2つをあわせたその効果は活性馬効果と同等。信じていいんすか、この話。

で、注意点がコチラ。

インブリ2

パラ相性についてはともかく、問題はインブリすよ。遺伝力低いほうがいいんですって。

そしてインブリについてはこんなことも。

インブリ1

さて、ぐるちゃんの生産したS3馬。ここでは面倒くさいんで画像貼り付けなし。

熱意のある方はぐるちゃんブログを開くんだ!さぁダッシュだ!!

成功例①のワンコインは瞬発因子のインブリがないにも関わらず瞬発がS3に。てことで、このS3出現の要因は活性かパラ相性かってことなのである(不安含みの断定)

成功例②のファーファーファー。こちらも該当インブリなしでパワーS3出現。さらにPWパラ相性もバッチリってわけじゃない。これ活性うんぬんの可能性高くね!?(胡散臭い予想)

成功例③のレーザー。こちらは見事にインブリ(ヘイロー)とパラ相性の効果が出た感じ。ぐるちゃんはS3が2つ出現したこの結果から、ブラッシンググルーム系が活性系統でその効果が出たのかなと推測してますが、さてそれはどでしょか、角度を変えればパンツが見えることもあるわけです。( ̄ー ̄)☆

あ、それと上記3頭については、のきなみAやSのパラがS3に。

ぐるちゃん、ほんと貴重な情報をありがとう!

( ´ー`)フゥー...

人間、素直になるって素っ裸になるくらい恥ずかしいもんすね。

でもやっぱ素っ裸にならないと。


ほら、怖がらなくても大丈夫だから、


さぁ、こっちへおいで・・・。


( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン






 






ホーリックスの血の件。

川崎 第22S 1月1週

ども、あけおめことよろ。本格的にS3時代に突入すね、川崎。

スポーツ、スクリーン、セクース。

この3つのSでもって国民はみんなバカ・・・


え?


もういい?


そすね、やめときましょ。


しつこい男は嫌われちゃいますからね。m9っ`Д´) ウン



さてさて、このところ立て続けにウチの繁殖陣をご紹介しましたが、

どさくさにまぎれて、

あの昭和の香りが漂うベッタベタ企画、そう、

「牝系を伸ばそう!ど根性ホーリックス編」

とりあえず経過をご報告をしちゃいます。

只今、どういう状況になってるかといいますと、

現在もいてますよ、ホーリックス系牝馬。

ワイトモ
ご覧ください、どですか、このパラ。

そう、

もう一声っ!て感じすよね。


たとえていうなら、

ものすごく美人なんだけど、笑うと歯茎がにょーん、的な。

目も鼻も、うなじもテクもSS、でも歯茎がB。

惜しい、実に惜しい。


まま、今後も細々と繋いでいきますよ、ど根性ホーリックスの血。


てか、実はこの歯茎にょーんの産駒、すでにブログでご紹介済み。

コチラの記事。

そしてそのヘルンリルート、

調教クエで歯茎パラがめくれたんすよ!

ヘルンリ2

歯茎にょーーん。


(ヽ´ω`)・・・


ま、この配合は毎シーズンのお楽しみ。いい仔出るまで気長にいきますよ、気長に、ね。

自家系種牡馬の件。

川崎 第21S 12月3週

さて、NASAがUFOの存在をひた隠しにするように、

これまで競伝界のトップシークレットとして扱われてきた、

ウチの自家系種牡馬のご紹介。


こんな風に、

みなさんにご紹介するという形をとりながら、自分の中でもこれまでの厩舎運営の経緯を振り返り、きちんと整理しちゃえるという素晴らしい企画。うん、我ながら天才的だの。( ̄ー ̄)☆

ではさっそくいきますよ。

まずこちら。

種リクス
ほらね、キャチムーの血が。

前回記事でキャチムー系牝馬を大特集しましたが、その時まったく触れなかったのが、このヘンドリクスの母サウスドライヴ。素直厩舎(うちの別垢)とのコラボで産まれた馬で、能力的には他の主要キャチムー系牝馬とまったく遜色ありません。(´゚∀゚`)イヒ


つづいてこちら。

種リキュール
ほらね、キャチムーの血が。

一見ギチ配合のようなんすが、父父のタニノギムレットは強化版金枠種。父ショットスピリタスは現役時代、出遅れの鬼として一世を風靡。第12S(ずいぶんと前の話だぞおい!)のGCSSでは人気薄でのチクビ差2着と大健闘。おおいに楽しませてくれました。いやーなつかしいなぁ(〃ω〃)ムフ




さらにこちら。

種ルーレ
ほらね、キャチムーの血が。

素直垢とのコラボ馬。さすがにガバ配合、SSだらけのウハウハ種。父コールドターキーのパラを余すところなく受け継いだ感じなんすよね。でもなんだろ、おみくじ生産だったこともあり出走どころか入厩もせずに種牡馬入り。前出のリキュールのように浸れる思い出というものがない。いじけるな、フルーレ。(TдT)



で、挙句の果てがこちら。

種ボレー
ね、キャチムーの血。

4頭中4頭、しっかりキャチムーの血に染まってますから。


(´・ω・`)・・・


(´・ω・`)・・・ンー



厩舎運営にビジョンがなかったのかなボク・・・。


先日の記事ではウチの繁殖牝馬陣、

その血統表内からのキャチムーを消し去る必要性を国民の皆様に熱く訴えたわけですが、

要は種牡馬陣も同じ課題を抱えてるんすよ。(´Д`)フゥ



ご紹介した種牡馬の中では唯一のギチ配合種となるセクレタリアト産駒のダイレクトボレー。こちらはあと一代進めばキャチムーが消えちゃいますからね。今シーズンの産駒が種牡馬入りできるパラの持ち主かどうか、今からシュビドゥバと不安で胸がいっぱい、夜も眠れません。


「だからけっこうイビキすごいってば。」(嫁)


|゚)彡 ササッ


では、マイルチャンピオンシップロトお忘れなく!

マイルロト





繁殖牝馬陣の顔ぶれ。

川崎 第21S 12月1週

リアルに冬の足音が。

それとともに生産シーズンが近づいてきた川崎鯖。

景気づけにやっちゃいますか、ウチの主要繁殖牝馬の件。

今回ボリューミーすからね、しばしお付き合いを。

繁殖牝馬、もうずいぶんとなすがままな感じでね、

そう、適当かつ大胆に代重ね。

せっせ、せっせと代重ねすよ。



さてさて、
オラオラオラ
こちら、ウチの看板娘、オランジーナ。

その血統表内、母方には偉大なる「キャチムー」の血が。

ウチにはこのキャチムー系繁殖牝馬がゴロゴロいてるんすよね。

なわけで、このキャチムーの血を表内から消すことこそが代重ねに明け暮れる理由。


「なんでキャチムー消さなきゃなんないの?」(牧)


そりゃ愚問だぞ!( ゚д゚)、ペッ


「なんで炭酸のシュワシュワって喉が痛くなるの?」(子どもA)


家に帰ってママに聞け、さぁゆけ、ダッシュだ!




で、ウチのキャチムー系牝馬たち。

いや、もはやルナソル系というべき2本の牝系。

左側の数字は何代進んだかってことすよ。

☆1本目
ルナソル系
すべてのはじまりは高額繁殖牝馬クリフジ。これぞハナレ厩舎の歴史が凝縮された由緒ある牝系。

オランジーナのダート指数がキラリと光ります。( ̄ー ̄)☆

オランジーナは父がEX種、いわゆるガバ系の繁殖牝馬なんすよ。なのでこの先、この牝系で「ギチ系による重賞勝利」という大目標の達成はあり得ない。がしかし、根気強く代重ねし、もうひとつのお楽しみである「自家系種産駒によるOP勝利」を目指す道は閉ざされていない。そう、自家系種のお相手に関しては、当面そんなに厳しい縛りを設けず、ガバ系牝馬もありとする。ここ、さりげなくフレキシブルでしょ。てことで、自家系種を受けるためにキャチムーの血を消さなきゃなんないのよ。わかったか柏木。


「おお!冴えてるぅ!!」(牧)


はい、では自家系種云々についてはまた日をあらためてご紹介するということで。

次。

☆2本目
ルナソル系2
ルナソル系パート2、こちらは地道にギチギチで代重ねすよ。ルナソルの直仔ルナラックはオランジーナの半姉にあたり、そのダート指数は妹を上回るもの。そしてルナラックの仔ルナフェアも、芝馬への変異は想定外だったものの、パラ自体は優秀でまったく申し分なし。でもなかなかその後の代が続かない。表を見るかぎり、代重ねはルナフェアで足踏み状態・・・。ルナルナルナルナ言っておりますが、みなさんついて来れてますか。例に漏れず、ここもしっかり期末テストに出ますからね。(`・ω・´)!


繁殖ルナフェア

そんな悶々とした日々の中で迎えた今シーズン、

くすぶっていたルナフェアが「スプクイ」クエ馬☆34を出産する。m9っ`Д´) ドダ

でもEX種産駒なんだな、これが。(´゚∀゚`)ガバ

ギチ系を伸ばしたいならさらなる忍耐と努力が必要なんですってよ。(ヽ'ω`)フー

よし、がんばっぺ!



そしてもう1本のキャチムー系。

ウォンテッド系
確実に、そして力強く、母から娘に受け継がれていく能力をご覧ください。キャチムーの代表産駒といえばルナソル、おそらく日本人なら全員がそう答えるに違いない。でも海外、特にヨーロッパではウォンテッドのほうが高評価を得ているのでありまふ。そう、ワタクシ、実はこちらの牝系に期待してたりして。



ザテ
ザテトラーク系のザテトラーナ。安直でしょ。

ギチギチのギチ系ですが母譲りの芝指数は相当なものなんすよね。


父は金枠村の時野実さん、たいへん実直な性格だそうで。(´゚∀゚`)ププ

ギチ系で重賞勝ちたいなぁ。

まさにその思いを託す、隠し玉的な牝系。


「おじさん、なんだかウナギみたいなニオイがする!」(子どもB)


ふむ?

え?


は??


オ、オラが??:(;゙゚'ω゚'):



ほんと、真っ白な心だったあの頃がなつかしいすよね、みなさん。

空

エロ本万引きしたっけなぁ・・・。(´∀`)シロクナカッタヨ


さて、この国の少子高齢化も気が気ではありませんが、

それよりも繁殖牝馬すよ。

いかにして能力を底上げしながらキャチムーを消すか。

そんなことで頭がいっぱい、夜も眠れない。


「アンタ、最近イビキすごいわよ。」(嫁)


(;・∀・)ソ、ソウナノカ


ま、代重ねがうまくいくかどうかは運次第。

なるようにしかならない、駄馬主人生なんてそんなもんだ。(`・ω・´)ウム
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。